―巡礼道(2)、夢前町ー

(平成27年2月19日)

 夢前川の中流に位置し、塩田温泉などのある夢前(ゆめさき)町は、平成18年に姫路市に統合されました。ここは西国第27番霊場書写山円教寺から宮津市の第28番霊場成相寺への道筋にあたるため、巡礼者を案内する多くの道標が残っていたので、これらを紹介します。順番は南の円教寺から夢前川沿いに北行し、福崎町や市川町へ向かうルートになります。

 参考資料は、夢前町教育委員会が姫路市統合前の平成10年度に作成した「夢前町の道標と力石」です。

  

夢前町置本の道標

● 書写山の麓、横関橋の東詰から県道67号姫路神河線を北に向かい、夢前川を渡って右岸に出ます。その先の三差路にこの道標がありました。道標の右に転倒しているのは、台石かもしれません。

● 道標の左の道は行き止まりになります。その道路の西側は姫路市書写です。道標の旧住所は「夢前町置本字クルス」となっています。右は成相寺のある「たんご」を案内しています。

● 正面・南「(仏像坐像)右 たんご(道)(道)は埋没

  左面  「施主 中村市左衛門 /りう」

● 高さ100.0㌢ 幅23.0㌢ 奥行16.0㌢

 

夢前町又坂の道標

● さらに県道67号線を北に向かうと、置塩小学校を過ぎた先で県道80号宍粟香寺線との三差路になります。両方の道路に挟まれた角の看板の陰に高さ211㌢の細長い道標が建っていますが、これは、ここから北西の方角にある弥勒寺を案内する道標になっています。

● 右面  「崋山上皇御臨幸之遺跡地」

  正面・南「勅願所通宝山彌勒寺道 兵庫縣」

  左面  「性空上人棲隠終焉之霊場 従是二十丁」

● 高さ211.0㌢ 幅25.5㌢ 奥行31.0㌢

 

夢前町又坂、題目塔台座の道標

● 又坂の道標の左側、県道80号の西側擁壁の間に高さ204㌢(基礎と台座を含む)の題目塔(「南無妙法蓮華経日蓮大菩薩」)があり、その台座に道案内が刻まれています。「右順礼道」は、県道67号の方を示していると思われます。また、題目塔本体の右面には「寛政四壬子四月二十八日」(1792)の年号が入っています。

● 台座

 正面・東「法界 /萬霊」

 左面  「右/順礼/道」

● 塔身 高さ153.0㌢ 幅40.0㌢ 奥行39.0㌢

  台座 高さ30.0㌢ 幅66.0㌢ 奥行60.0㌢

  基礎 高さ21.0㌢ 幅87.0㌢ 奥行85.0㌢

 

夢前町寺、弥勒寺参道の常夜燈

● 夢前町の道標資料(平成10年作成)によれば、又坂から県道80号を北西に向かった先の小坪自治会館前に、「天保甲午年」(1834)の常夜燈があり、その基礎部に弥勒寺の案内がある、とのことで行ってみました。しかしそこにあったのは真新しい常夜燈であり、道案内はありませんでした。平成十三年十月再建と書かれていました。残念ながら銘文は再現されなかったようです。

 

夢前町古知之庄、古知小学校南門前の道標

● 又坂の三差路に戻り県道67号を北に向かいます。糸田橋の手前で県道から別れて北に進むと、古知小学校の南門の前に、高さ76㌢のこの道標がありました。ここはT字様の三差路になっており、南からの巡礼者に右に向かう道が巡礼道であることを示しています。

● 右面  「文化十二亥八月」(1815)

  正面・南「(仏像坐像)右 なれあい /左 むら道(?)(なれあい=成相寺)

● 高さ76.0㌢ 幅24.0㌢ 奥行16.0㌢

 

夢前町古知之庄、置塩神社前の道標

● 古知小学校南門前の道標を右に延長すると、この道標の位置になります。この間で夢前川を渡っていたのかもしれません。現在では少し北に迂回して塩田橋を渡ると、ここ置塩神社に来ることができます。近くの案内板によれば、置塩神社の創建は昭和29年となっていたので、道標の原位置も疑問です。

● 神社の前の広場にあるこの道標は、高さ160㌢で光背型になっています。今まで多くの道標を見てきましたが、元禄期の道標は初めてです。かなり風化しており文字は判読が難しい状態です。

● 右面  「奉・・・西國三十三・・・同行」 

  正面・西「従是丹後成合廿三里 /(仏像立像) /元禄六癸酉四月一日」

      (1693、みずのと・とり)

  左面  「施主・・・」

● 高さ160.0㌢ 幅48.0㌢ 奥行35.0㌢

 

夢前町前之庄の道標(1)

● 県道67号線を夢前川の左岸沿いに北上します。夢乃井という大きなホテルを過ぎたあたりで大きなS字カーブになりますが、二つ目のカーブの途中の倉庫のような小さな建物の前にこの道標がありました。高さは51㌢と小さく、ブロックの仕切りに密着しているので見逃しそうです。この場所の旧住所は、前之庄字前垣内となっています。昭和36年の県道の拡幅工事の際、30㍍東からここに移設されたと夢前町資料にあります。元の位置は少し南の三差路を指していると思われます。三差路を北東に進むと「前之庄の道標(2)」の方に道がつながっています。

● 右面  「文化八年 /辛未七月」(1811、かのと・ひつじ)

  正面・西「右 本うぜやう /左 なれあい 道」(北条、成相)

  左面  「願主念佛 /講中」

● 高さ51.0㌢ 幅30.0㌢ 奥行29.0㌢

 

夢前町前之庄の道標(2)

● この道標は、東西を結ぶ県道23号三木宍粟線と中国自動車道の南の側道のような場所にあります。旧住所は、前之庄字東谷でした。周辺は現在中国自動車道の夢前スマートICの新設工事中なので、道標も新しい祠に納められていました。道標の高さは81㌢です。元の位置は少し南側で東向きに建っていたようです。道標の示す「左 書写」の方向を地図で確認すると「前之庄の道標(1)」の元の場所につながっています。

● 余談、「夢前スマートIC」は、中国自動車道の夢前バス停を利用したICで、このようにバス停やサービスエリアなどを利用して設置するICを「スマートIC」というそうです。

● 正面・北「(仏像坐像)右 しそう /左 しよしや 道」(宍粟、書写)

● 高さ80.8㌢ 幅35.0㌢ 奥行20.0㌢

 

夢前町前之庄の道標(3)

● 県道67号に戻り北に進みます。夢前高校を過ぎたところで右の旧道に入ります。県道23号の前之庄交差点を横断ししばらく進むと、松ノ木北バス停のまえに大きな自然石型の道標がありました。

● 横の説明によれば、右の方、東に続く細い道が「西国古道」となっていました。この先は県道407号前之庄市川線となり、福崎町や市川町の方に出て、但馬や丹後方面に行くことができます。成相寺まで24里となっています。置塩神社前の道標では23里でした。近寄っても距離は減ってませんね。

● 正面・南「右 たじま /たんご 道 /奈連あいへ二十四里」(なれあい)

● 高さ150.0㌢ 幅60.0㌢ 奥行50.0㌢

 

夢前町前之庄の道標(4)

● ここは県道407号を東に進んだ先で、周辺は大きな養鶏場になっており、これから先は峠道のような細い山道になっています。この山道を通れば福崎町の方に行くことができます。その行き止まりのようなところに祠に入った道標がありました。「左 成相」の表記から推測すると、道標は北向きまたは西向きに立っていたものと思われます。旧町名は前之庄字東山であり、その町名から前之庄の東の端であったことがうかがわれます。

● 正面・南「(仏像坐像)文政九戌年三月十日 /ひだり なれあい /施主三枝草村中」

       (1826、ひのえ・いぬ)

● 高さ86.0㌢ 幅33.0㌢ 奥行28.0㌢

 

夢前町神種の道標、2基

● 夢前町の資料にはここ県道23号三木宍粟線沿いに2基の道標の所在が記載されていました。何度探しても見つかりませんでした。近くの側溝の枯葉をはらってみるとなんと転倒した道標が姿を現しました。

 この道標は、元は道路の南側の三差路に西向きに建っていたものと思われます。右は、現在の県道23号線のルートを通り北条方面に向かいます。左は、前之庄から県道407号線で市川町を通り、但馬道を粟賀方面に行く道筋になります。

● 道標の転倒場所から上の方を見るとわずかに題目塔の上部らしいものが見えますが、侵入口が見つかりません。雑木林の中でほとんど近寄れず、写真も撮れませんでしたので、資料の表記のみ記載しておきます。

● 転倒していた道標

 正面  「(右) 北條 京 大坂 /(左) 粟賀 生野 道」(「右、左」部分欠損)

● 高さ60.0㌢ 幅21.0㌢ 奥行13.0㌢

● 題目塔(現物未確認)

 右面  「右 本うぜうみち /左 あハがみち」(北条、粟賀)

 正面・南「南無妙法蓮華経五十ケ寺供養」

 左面  「寶暦七丁丑 /十月十三日(下部)飾西郡神種村本願主 /道入建立」(1757、ひのと・うし)

 背面  「萬人講施人志釖霊難死」

 

夢前町莇野四辻の道標 (平成29年5月25日、追加)

● この道標のある四辻は、南北の通りが県道411号山之内莇野線、東西の通りが京(→亀岡→篠山→社→福崎→山崎→津山→)から出雲への旧出雲街道と思われます。その交差点の北東角に建っています。道標の正面は南西を向いていますが、このままでは「左 京」の方向が疑問です。道路の反対側に北向きにすると案内の方向が合致すると思うのですが、移設されたものか確認はできませんでした。道標のすぐ後ろは中国自動車道になっています。

● 正面・南西「(仏像)右 ひめじ/ 左 京 道」

● 高さ 89㌢、幅 36㌢、 奥行36㌢

 

夢前町宮置の道標(1)

● 再び県道67号線です。かなり南に戻り宮置の交差点から県道80号宍粟香寺線を東に向かいます。しばらく進むと性海寺への参道が左に分岐しています。この参道の途中に2基の道標がありました。

● 右面  「徳道上人開基播万西國第二番霊場」(「播」は「石」編に見える)

  正面・南「町村冨田山性海寺道」

  左面  「昭和八年五月造立有賀倉次」

● 高さ190.0㌢ 幅27.0㌢ 奥行22.0㌢

 

夢前町宮置の道標(2)

● 参道は、上の道標のところでヘヤピンカーブになっており、この道標は、そのカーブを曲がったところに南向きに立っています。元は町村の旧道にあったものが道路の拡幅工事のため、昭和40年ころここに移設されたということなので、もう少し西の方にあったことになります。

● 右面  「文化八辛未年七月」(1811、かのと・ひつじ)

  正面・南「これより /とみたさん道」

  左面  「施主 ・・・・」(判読不能)

● 高さ76.0㌢ 幅21.0㌢ 奥行21.0㌢


夢前町宮置、郡境の碑

● 県道80号線をさらに東に進みます。暮坂峠の頂上の香寺町須加院との境界にこの郡境の碑が建っていました。現在ではどちらも姫路市ですが、飾西郡置塩村と神崎郡香呂村は明治29年4月に施行された郡制では、それぞれ飾磨郡と神崎郡となっています。その頃の境界石と思われます。

● 正面・北「飾磨 /神﨑 郡境」